トップ>保健・医療情報

 

保健・医療情報

1.ウガンダの医療事情

基本的な医療事情は外務省HPをご参照ください。othersite

 

2.医務官室からのお知らせ

上記外務省HPの追加情報等を随時アップデートしています。

 

 

 

ウガンダ保健省によるマールブルグ病アウトブレイクの終了宣言                     (平成29年12月11日現在)

 

12月8日ウガンダ保健省は、マールブルグ病のアウトブレイクが終了したと宣言しました。

今回のアウトブレイクでは、9月25日に病死したウガンダ東部のKween県の35歳の男性が最初の患者だとされています。この男性が何度も狩りに出かけていたKween県Kaptum subcountyにはオオコウモリが繁殖する洞窟があります。

最初の患者を看病して病死した50歳の女性(姉)がマールブルグ病と診断されたことから、ウガンダ保健省は、今年10月19日にアウトブレイクを宣言しました。Kween県と患者が搬送された総合病院のあるKapchorwa県では、患者あるいはその遺体と接触のあった311名について追跡調査が行われ、18名にマールブルグ病と似た症状が認められましたが、検査の結果は全員陰性でした。

10月26日には最初の患者の兄がマールブルグ病で死亡し、3人目の犠牲者となりましたが、その後は新しい患者は発生せず、42日間が経過したことから、この度、アウトブレイクの終了宣言が出されたものです。42日間というのは、マールブルグ病を含めウイルス性出血熱の潜伏期とされる21日間の倍の日数であり、WHOの指導に従ったものです。

ウガンダ保健省は、マールブルグ病の予防対策として、医療機関往訪時や飲食前、トイレ後に手洗いを励行し、①コウモリを避ける、コウモリが棲息する洞窟に入らない。②マールブルグ病の疑いがある病人との接触を避けるように呼びかけています。

 

 

ミティヤナ(Mityana)県・キボガ(Kiboga)県におけるリフトバレー熱発生に伴う注意喚起     (平成29年11月29日現在)

 

11月24日の保健省発表によると、今月に入ってウガンダ中部のミティヤナ(Mityana)県・キボガ(Kiboga)県で2名の患者がみつかり、どちらも亡くなっています。

リフトバレー熱は、アフリカに広く分布するウイルスによる人獣共通感染症です。ウガンダでは昨年もカバレ(Kabale)県で発生しています。感染経路ですが、ヒトがウイルスを保有した蚊に刺されること、あるいは感染した動物(血液・臓器)と接触することで感染します。ヒトからヒトへの感染は殆ど起きないとされています。ヒトが感染すると、発熱・頭痛・筋肉痛などで軽く済むことが多いのですが、まれに網膜炎による視力障害や出血傾向、脳炎を来たすことがあります。

疑わしい症状が認められた場合は、早めに医療機関を受診して下さい。予防としては、ワクチンはありませんから、皮膚の露出を少なくし、虫除けや殺虫剤を適切に使用するなど虫刺されに注意し、流行地では動物との接触も控えておきましょう。

 

 

マールブルグ病(出血熱)の発生に関する注意喚起(続報)                        (平成29年10月27日現在)

 

10月27日ウガンダ保健省は、2人目のマールブルグ病患者を確認したと発表しました。この方は東部Kween県に住む38歳の男性で、10月13日にマールブルグ病で死亡した姉の付き添いをしていました。血液サンプルをウガンダウイルス研究所で検査した結果、マールブルグ病の感染が確認され10月26日に死亡しました。

今回のアウトブレイクでは、この男性を含めこれまでに3名が死亡しています。もう一人は、二人の弟にあたる35歳の男性で、9月13日に発症し、9月23日にKapchorwa General Hospitalで死亡しています。今回の感染者の第1号と考えられますが、血液検査による確定診断は行われておらず、probable caseとして扱われています。感染経路ですが、家畜のための塩を探しに洞窟に入り感染したと推定されています。

ウガンダ保健省は、ナショナルタスクフォースを立ち上げ、Kween県と隣接するKapchorwa県(患者が搬送されたKapchorwa General Hospitalがあります)に専門家チームを派遣し、対策を行っています。

新聞などで、病院スタッフ2名に感染の疑いがあると報じられましたが、いづれも検査結果は陰性でした。

マールブルグ病(出血熱)は、マールブルグウイルスが引き起こす、致死率が非常に高い極めて危険な感染症です。患者の血液、分泌物、排泄物などに直接触れた際、皮膚の傷口などからウイルスが侵入することで感染します。感染の拡大は、家族や医療従事者が患者を看護する際、あるいは葬儀で遺体に接する際に引き起こされる例が報告されています。感染予防のため、ウガンダ保健省は不必要な集会等にも近づかないように推奨しています。

自然宿主はオオコウモリであるとされており、このウイルスに感染したサルなどの動物に触れたり、食べたりすることによっても感染しますので、野生動物に接触したり、洞窟に入ったりしないように注意してください。

予防のためのワクチンは存在せず、治療は対症療法のみとなります。潜伏期間は3日から10日で、発熱・悪寒・頭痛・食欲不振などに始まり、嘔吐・下痢・腹痛などの症状があります。更に悪化すると、皮膚や口腔・鼻腔・消化管など全身に出血がみられる等し、死に至ります。

疑わしい症状が認められた場合は、早めに医療機関を受診して下さい。

 

 

マールブルグ病(出血熱)の発生に関する注意喚起                             (平成29年10月20日現在)

 

19日、ウガンダ保健省は、マールブルグ病(出血熱)の疑いのあった患者2名(すでに死亡)のうち、1名からマールブルグ・ウイルスが確認されたと発表しました。疑いのあったもう1名からはウイルスは確認されませんでした。

ウガンダ保健省は、感染症対策専門家等をはじめとするタスクフォース・チームを立ち上げ、クウェン県内の医療機関を中心に感染症拡大防止策を講じています。

マールブルグ病(出血熱)は、マールブルグウイルスが引き起こす、致死率が非常に高い極めて危険な感染症です。患者の血液、分泌物、排泄物などに直接触れた際、皮膚の傷口などからウイルスが侵入することで感染します。感染の拡大は、家族や医療従事者が患者を看護する際、あるいは葬儀で遺体に接する際に引き起こされる例が報告されています。感染予防のため、ウガンダ保健省は不必要な集会等にも近づかないように推奨しています。

自然宿主はオオコウモリであるとされており、このウイルスに感染したサルなどの動物に触れたり、食べたりすることによっても感染しますので、野生動物に接触したり、洞窟に入ったりしないように注意してください。

予防のためのワクチンは存在せず、治療は対症療法のみとなります。潜伏期間は3日から10日で、発熱・悪寒・頭痛・食欲不振などに始まり、嘔吐・下痢・腹痛などの症状があります。更に悪化すると、皮膚や口腔・鼻腔・消化管など全身に出血がみられる等し、死に至ります。

疑わしい症状が認められた場合は、早めに医療機関を受診して下さい。

 

 

マールブルグ病(出血熱)発生の疑いに関する注意喚起                          (平成29年10月19日現在)

 

10月19日、東部のクウェン(Kween)県でマールブルグ病(出血熱)の疑いのある患者2名が死亡したと当地日刊紙「ニュー・ビジョン」紙が報じています。

マールブルグ病(出血熱)は、マールブルグウイルスが引き起こす、致死率が非常に高い極めて危険な感染症です。患者の血液、分泌物、排泄物などに直接触れた際、皮膚の傷口などからウイルスが侵入することで感染します。感染の拡大は、家族や医療従事者が患者を看護する際、あるいは葬儀で遺体に接する際に引き起こされる例が報告されています。感染予防のため、ウガンダ保健省は不必要な集会等にも近づかないように推奨しています。

自然宿主はオオコウモリであるとされており、このウイルスに感染したサルなどの動物に触れたり、食べたりすることによっても感染しますので、野生動物に接触したり、洞窟に入ったりしないように注意してください。

予防のためのワクチンは存在せず、治療は対症療法のみとなります。潜伏期間は3日から10日で、発熱・悪寒・頭痛・食欲不振などに始まり、嘔吐・下痢・腹痛などの症状があります。更に悪化すると、皮膚や口腔・鼻腔・消化管など全身に出血がみられる等し、死に至ります。

疑わしい症状が認められた場合は、早めに医療機関を受診して下さい。

 

 

カセセ(Kasese)県におけるコレラ発生に伴う注意喚起                         (平成29年10月3日現在)

 

10月2日の保健省発表によると、西部のカセセ県(Nyakiyumbu)でコレラが発生し、73人の疑い患者があり、3名が死亡しています。

コレラは、コレラ菌に汚染された飲食物を口にすることによって感染し発症します。潜伏期間は数時間から5日間で、主な症状は下痢と嘔吐です。下痢は米のとぎ汁のような白色便になることもあります。発熱や腹痛はほとんどなく、頻回の下痢によって急速に脱水が進行し、意識障害やけいれんを起こし、死に至ることもあります。

疑わしい症状が認められた場合は、早めに医療機関を受診して下さい。併せて、感染予防のために手洗いを励行し、加熱していない飲食物を口にすることはなるべくお控え下さい。

 

 

東部地方におけるコレラの流行                                         (平成28年4月28日現在)

 

東部地方(Namayengo、Butaleja、Busia、Sironko、Kibuku)でコレラが発生しています。

コレラは、コレラ菌に汚染された飲食物を口にすることによって感染し、発症します。潜伏期間は数時間から5日間で、主な症状は下痢と嘔吐です。下痢は米のとぎ汁のような白色便になることもあります。発熱や腹痛はほとんどなく、頻回の下痢によって急速に脱水が進行し、意識障害やけいれんを起こし、死に至ることもあります。

このところの大雨で洪水による水の汚染が進み、今後感染が拡大する恐れもあります。疑わしい症状が認められた場合は、早めに医療機関を受診して下さい。併せて、感染予防のために手洗いを励行し、加熱していない飲食物を口にすることはなるべくお控え下さい。

 

 

カバレ(Kabale)県におけるリフトバレー熱の流行                                (平成28年3月17日現在)

 

カバレ県でリフトバレー熱が発生しています。3月16日現在、2人の感染と3人の疑い例が確認されていますが、死者は出ていません。
リフトバレー熱は人獣共通感染症の一つで、リフトバレー熱ウイルスを有する吸血昆虫(主として蚊)の咬刺により感染します。また、感染した動物(主として家畜)の血液や体液、臓器に触れたり、食することでも感染することがあります。ヒトからヒトへの感染はありません。
潜伏期間は2~6日間で、インフルエンザ様症状(発熱、頭痛、筋肉痛等)を呈します。一般に予後は良好で、特別な治療はなく、症状に合わせた治療により一週間程度で回復しますが、わずかならが出血熱症状(鼻出血、口腔内出血)や髄膜炎症状(頭痛、頚部硬直)を示すこともあるため、疑わしい症状が認められた場合は早めに医療機関を受診して下さい。また、流行地では蚊対策を取ると共に、動物との接触はなるべく避けるようにして下さい。

 

 

ホイマ(Hoima)県におけるコレラの流行                                     (平成27年11月3日現在)

 

ホイマ県でコレラが流行しています。10月30日現在、175人の感染が確認され、6人が死亡しています。

コレラは、コレラ菌に汚染された飲食物を口にすることによって感染し、発症します。潜伏期間は数時間から5日間で、主な症状は下痢と嘔吐です。下痢は米のとぎ汁のような白色便になることもあります。発熱や腹痛はほとんどなく、頻回の下痢によって急速に脱水が進行し、意識障害やけいれんを起こし、死に至ることもあります。疑わしい症状が認められた場合は、早めに医療機関を受診して下さい。併せて、感染予防のために手洗いを励行し、加熱していない飲食物を口にすることはお控え下さい。

 

(平成27年11月9日に終息宣言が出されましたが、引き続き予防に努めて下さい。)

 

 

 


Copyright (c) : 2012 Embassy of Japan in Uganda
[法的事項] [アクセシビリティについて] [プライバシーポリシー]