トップウガンダと日本ウガンダと日本のODA>主な活動・イベント

 

 

 

ウガンダ国立劇場・文化センターに対する音響・視聴覚機材補修計画

 

 

 

1.計画の概要

 

被供与団体

ユニックス・ウガンダ株式会社

裨益団体

国立劇場・文化センター

供与額

17,003.40米ドル

署名者

ニコラス・セムジュ代表(ユニックス・ウガンダ株式会社)

計画名

ウガンダ国立劇場・文化センターに対する音響・視聴覚機材補修計画

実施地

カンパラ市内

供与内容

ウガンダ国立劇場・文化センターの音響・視聴覚機材の補修

贈与契約署名日

2011年11月10日

引渡し式

2012年4月23日

 

 

ウガンダ国立劇場・文化センターは1959年に設立されたウガンダ最上位の舞台劇場で,伝統芸能・文化の保存継承と芸術文化活動の振興に取り組んでいます。同センターには,施設部門(主に大劇場,ホール,ダンス・フロアを使用)と制作部門(主にスタジオを使用)があり,主な活動は全国規模で組織・運営される様々な芸術祭の開催,舞台演劇の制作と上演,伝統及びモダン芸術・芸能の教育や研修などです。
日本は文化無償資金協力の下で,1991年と2002年にウガンダ国立劇場・文化センターの劇場とスタジオに必要な主な機材を整備しました。本計画で,2002年に整備した機材を補修し,より多くの活動に対応可能となることで,今後の芸術活動の活性化を支援します。

 

 

 

2.贈与契約署名式

 

2011年11月10日,在ウガンダ日本国大使館において,皆川一夫大使とニコラス・セムジュ代表の間で贈与契約が署名されました。

 

 

 

3.引渡し式

 

2012年4月23日,ウガンダ国立劇場・文化センターにおいて,皆川一夫大使が出席して引き渡し式が行われました。


プレスリリース(英語)

 

 

 

太鼓とダンスの披露  

スタジオ視察

太鼓とダンスの披露   スタジオ視察
オーディオセクション見学   大使スピーチ
オーディオセクション見学   大使スピーチ
補修機材引渡し   感謝状贈呈
補修機材引渡し   感謝状贈呈