トップウガンダと日本ウガンダと日本のODA>主な活動・イベント

 

 

 

ウガンダ北部地域国内避難民帰還定住促進のための生活基盤改善計画

 

2013年5月27日、皆川大使はビャバガンビ(Byabagambi)土木事業・運輸担当国務大臣及びアムゲ(Amuge)北部ウガンダ担当国務大臣と共に、アガゴ県に於いて、我が国平成21年度紛争予防・平和構築無償「ウガンダ北部地域国内避難民帰還定住促進のための生活基盤改善計画」(13.4億円)の下建設された道路及び橋梁の引渡し式に主賓として出席しました。


本計画により、北部国内避難民の帰還・再定住を促進すべく、6橋梁及び1本の新規道路の建設、国道の改善(1件)、国道、県道やコミュニティ・アクセス道路の補修(4件)が実施されました。

 

プレスリリース(英語)

 

 

引渡式で国務大臣らと共に  

両国の協力を示すオタカ橋脇の看板

引渡式で国務大臣らと共に   両国の協力を示すオタカ橋脇の看板
両国旗掲揚   ビャバガンビ大臣と
両国旗掲揚   ビャバガンビ大臣と
大使歓迎の歌と踊り   オタカ橋の銘板
大使歓迎の歌と踊り   オタカ橋の銘板
大使スピーチ   両大臣らと共にテープカット
大使スピーチ   両大臣らと共にテープカット
建設されたオタカ橋   ウガンダ政府関係者らと記念撮影
建設されたオタカ橋   ウガンダ政府関係者らと記念撮影