トップウガンダと日本ウガンダと日本のODA>「草の根無償」>実施事業 

 

フォート・ポータル市におけるごみ処理改善計画

 

1.計画の概要

 

被供与団体

フォート・ポータル市役所

供与額

63,100ドル

署名者

リチャード・マンデー助役

計画名

フォート・ポータル市におけるごみ処理改善計画

実施地

フォート・ポータル市(ウガンダ西部)

供与内容

ごみ輸送用トラクター,収集設備車載機,収集設備の整備

贈与契約署名日

2009年2月27日

引渡式開催日

2010年9月16日

 

フォート・ポータル市はウガンダ西部の観光地の起点として栄えていますが,ごみ処理の問題を抱えています。これまで,一日平均89トンのごみ排出量に対し,20年以上前に購入されたごみ収集車1台しかなく,1日平均約37トンしか輸送できずにいました。本計画により,フォート・ポータル市役所に必要な機材を整備することにより,適切なごみの処理を可能とし,フォート・ポータル市民約4万人の生活の質が向上します。また,都市景観などの問題に取り組むことにより,観光産業の発展にも資することになります。

 

2.引渡式

2010年9月16日,フォーと・ポータル市にあるカバロレ県図書館において,加藤圭一大使が出席して引渡式が行われました。

 

Ambassador Kato   Street lights
ごみ輸送用トラクターと収集設備及び車載機  

加藤大使による引渡し