トップウガンダと日本ウガンダと日本のODA「草の根無償」>実施事業 

 

パデル県における小学校施設整備計画

 

1.計画の概要

被供与団体

 パデル県政府

供与額

 84,054米ドル

署名者

オタイ・チャールズ氏 (県首席行政担当官)

計画名

パデル県における小学校施設整備計画

実施地

パデル県ウォル準郡(ウォル・ンゴラ小学校)、リラパルウォ準郡(アルウェ小学校)、プランガ準郡(オレット・セントラル小学校)

供与内容

政府支援小学校3校に3教室・職員室・倉庫を含む教室棟1棟、合計3棟9教室を建設。3人がけ椅子・机(一体型)計162台を整備。

贈与契約署名日

 2009年12月21日

引渡式開催日

 2011年6月28日

 

パデル県では2006年以降、内戦の終結に伴い国内避難民の帰還が進んでいます。各国政府・国際機関・NGOなどが様々なレベルで復興支援を行っていますが、生活に必要な基本的社会・経済基盤が、多くの地域において十分に整備されていないため、帰還した人々の生活の建て直しは困難に直面しています。
パデル県には230校の小学校がありますが、そのうち政府支援校が220校にのぼります。これらの小学校の多くは、長年の内戦の影響によりインフラの整備がとても遅れています。今でも、43校の小学校には教室がなく、多くの児童が野外で授業を受けている状態です。このような県の劣悪な教育環境を改善するため、本計画で3校の小学校に教室を建設し、机と椅子を整備します。

 

2.引渡し式
2011年6月28日、パデル県において、山崎参事官が出席して引渡し式が行われました。
プレスリリース(英語)

 

児童、県職員等の歓迎を受ける山崎参事官   プレートの序幕
児童、県職員等の歓迎を受ける山崎参事官   プレートの序幕
     
スピーチをする山崎参事官   児童による歌と踊りの披露
スピーチをする山崎参事官   児童による歌と踊りの披露
     
新規校舎の前で記念撮影    
新規校舎の前で記念撮影