トップウガンダと日本ウガンダと日本のODA「草の根無償」>実施事業 

 

カムウェンゲ県チャカラファ行政教区における安全な水へのアクセス及び衛生改善計画

 

1.計画の概要

 

被供与団体

カトリック教会フォート・ポータル教区社会開発局水・衛 生部

供与額

 68,816ドル

署名者

ガイルズ・カヒカ首席行政担当官

計画名

カムウェンゲ県チャカラファ行政教区における安全な水へのアクセス及び衛生改善計画

実施地

カムウェンゲ県ブシリバ準郡チャカラファ行政教区(ウガンダ西部)

供与内容

浅井戸29本の建設,水源(湧水)4箇所の保護,雨水貯水タンク3基の設置

贈与契約署名日

2010年3月9日

引渡式開催日 2011年3月17日

 

カトリック教会フォート・ポータル教区社会開発部水・衛生部は,住民に対する各種社会サービスや福祉事業を行っています。水・衛生事業としては,これまで西部のカバロレ県やキェンジョジョ県,カムウェンゲ県等において,井戸の建設や重力を利用した給水システムの建設,住民を対象とした衛生知識向上トレーニングなどを行ってきました。本計画では,給水事情の悪いカムウェンゲ県ブシリバ準郡チャカラファ行政教区において,安全な水へのアクセスを向上させることを目的に浅井戸の建設等を行います。この地域では,これまで7村をあわせて3つの湧水と浅井戸1本しかなく,大部分の住民が沼,池,川などの保護されていない水源を利用していたため,コレラ,チフス,細菌感染などの病気が多く発生していました。

 

2.引渡式

2011年3月17日、カムウェンゲ県において、加藤大使が出席して引渡式が行われました。

プレスリリース(英語)

 

大使によるスピーチ   記念プレートの序幕
加藤大使によるスピーチ   記念プレートの序幕