トップウガンダと日本ウガンダと日本のODA「草の根無償」>実施事業 

 

 

 

ムベンデ市におけるゴミ処理用堆肥化場建設計画

 

 

 

 

 

 

1.計画の概要

被供与団体

ムベンデ市議会

供与額

116,467米ドル

署名者

ジワ・キジト(市長)

計画名

ムベンデ市におけるゴミ処理用堆肥化場建設計画

実施地

ムベンデ県 (ウガンダ中央部)

供与内容

ゴミ処理用堆肥化場(6,553㎡:ゴミ分別場,堆肥化場)の建設及び堆肥化場の従業員用のトイレ棟整備。

贈与契約署名日

2013年3月19日

     

    ウガンダ中央部に位置するムベンデ県ムベンデ市は、ケニア国との国境及びコンゴ民主共和国との国境を結ぶ幹線道路に存在する主要な中継地です。多くの運送車両が行き交うと共に、周辺地域における市場となっているため、日中人口は約160,000人に上り、毎日60トンのゴミが排出されます。しかし、現在のゴミ処理方法では、あらゆるゴミを一括投棄し、燃えるゴミは焼却し、不燃ゴミは山積させているため、最終ゴミ処理場は不燃ごみ等で埋め尽くされていて,これ以上投棄できるスペースがありません。そのため、市内にも未収集のゴミが山積しています。持続可能な最終ゴミ処理施設が整備されない限り、ムベンデ市のゴミは溜まる一方で、市民の衛生面での安全が脅かされています。本計画により、堆肥化場を建設し、ムベンデ市のゴミ処理方法が適切かつ効率的に改善され、ムベンデ市における160,000人の衛生環境が向上します。

     

2.贈与契約署名式

2013年3月19日,在ウガンダ日本国大使館において,皆川一夫大使とジワ・キジト氏の間で贈与契約が署名されました。


プレスリリース(英語)

 
署名する大使  

契約書手交

署名する大使   契約書手交
被供与団体スピーチ   記念撮影
被供与団体スピーチ   記念撮影