トップウガンダと日本ウガンダと日本のODA「草の根無償」>実施事業 

 

 

 

ブシェニ保健センター手術室棟建設計画

 

 

 

1.計画の概要

被供与団体

ブシェニ・イシャカ市役所

供与額

93,544米ドル

署名者

デオ・ンディモ(市書記官)

計画名

ブシェニ保健センター手術室棟建設計画

実施地

ブシェニ県 (ウガンダ西部)

供与内容

手術室棟(155㎡:手術室,医師室,看護師室,回復室,倉庫,消毒室,廃棄物処理場,トイレ1室,浴室1室,トイレ兼浴室1室,更衣室(男女各1室))の建設,医療機器及び6,000リットル貯水タンク1基の整備

贈与契約署名日

2014年2月6日

     

    ウガンダ西部ブシェニ県は,保健インフラが整っておらず,帝王切開や緊急手術などの手術サービスを提供できる公立病院・保健センターがありません。同県の中心に位置するブシェニ・イシャカ市内ですら施設不足のため,簡易手術しか実施できません。手術サービスを必要とする地域住民の大部分は,70km離れた他県のムバララ市もしくはブシェニ・イシャカ市内の私立病院で受診せざるを得えない状況にあります。そのため手術が必要となった場合は,多額の治療費を支払うために借金をせざるを得なかったり,遠方の病院へ搬送されるため,その間に病状が悪化するなど,地域住民の保健サービス環境は劣悪です。本計画において,ブシェニ保健センターに手術室棟を新たに建設し,週5件ほどの大型手術が安全で衛生的に行えるようにします。手術サービス環境が整備されることにより,地域住民73,000人の医療サービスの改善に貢献します。

     

2.贈与契約署名式

2014年2月6日,在ウガンダ日本国大使館において,藤田順三大使とデオ・ンディモ市書記官の間で贈与契約が署名されました。


プレスリリース(英語)

 
署名する大使  

契約書手交

契約書手交   被供与団体スピーチ