トップウガンダと日本ウガンダと日本のODA「草の根無償」>実施事業 

 

 

 

ナカセケ県チャカヨンガ小学校施設整備計画

 

 

 

1.計画の概要

被供与団体

チャカヨンガ小学校

供与額

112,456米ドル

署名者

センニョンド・ラマダン(校長)

計画名

ナカセケ県チャカヨンガ小学校施設整備計画

実施地

ナカセケ県 (ウガンダ中央部)

供与内容

教室棟2棟(教室棟①:2教室,職員室1室,校長室1室,計180㎡,教室棟②:4教室,計300㎡)及びトイレ棟(1棟6基及び放尿室)の建設,職員室用の机1台,椅子3脚及び貯水タンク(2基,各10,000リットル)の整備

贈与契約署名日

2014年2月6日

     

    ウガンダ中央部ナカセケ県ワチャト準郡は,同県内でも僻地に位置し,インフラ整備が充分に行き届いていない地域です。1997年の初等教育無償化政策の施行後,同準郡内の児童数が増加していますが,公立・政府支援小学校は計11校しかありません。チャカヨンガ小学校は,1977年にコミュニティによって設立された政府支援校ですが,一番近くの公立小学校は,8キロメートル離れたところにあるため,地域の子供達にとっては,同校は唯一の学校です。しかしながら,同校の教室棟には2教室しかなく,1年生から5年生までの6クラスの児童は,いまだに木柱に藁葺屋根の野外仮設教室,または,木の下での青空教室で授業を受けており,雨天や強風など悪天候の場合は,授業を中止せざるを得ない状況です。充分な授業時間が確保できないだけでなく,雨や砂埃が入り込む環境で授業を受ける児童の健康への悪影響が危惧されています。本計画において教室棟2棟6教室を整備し,本校児童203名が室内で授業を受けられるよう学習環境を改善します。

     

2.贈与契約署名式

2014年2月6日,在ウガンダ日本国大使館において,藤田順三大使とセンニョンド・ラマダン校長の間で贈与契約が署名されました。


プレスリリース(英語)

 
署名する大使  

契約書手交

契約書手交   被供与団体スピーチ