トップウガンダ事情>ウガンダ共和国概況

 

ウガンダ共和国概況

 

 

平成24年3月

在ウガンダ日本国大使館

 

第1 一般事情

第2 政治体制・内政

第3 外交・防衛

第4 経済

第5 経済協力

第6 二国間関係

 

 アフリカ地図    東アフリカ地図

 

 

Ⅰ 一般事情

 

1 国名           ウガンダ共和国 Republic of Uganda


2 独立年月日 1962年10月9日(旧宗主国 イギリス)


3 首都            カンパラ(標高1,312メートル)
          (人口153万人,2009年ウガンダ統計局推計)


4 面積            24.2万平方キロメートル(日本の本州とほぼ同じ)
          (陸地面積20.0万平方キロメートル)


5 人口            3,450万人(2011年ウガンダ人口報告)


6 人種         バントゥー系:バガンダ,バソガ,バニャンコレ等
          ナイロート系:ランゴ,アチョリ等
          ナイル・ハム系:イテソ,カラモジョン等
          スーダン系:ルグバラ,マディ等


7 言語            英語,スワヒリ語,ルガンダ語

 

8 宗教            キリスト教(6割),伝統宗教(3割),イスラム教(1割)

 

9 略史            1898年           ブガンダ王国を英国が保護領化
           1962年           独立(旧宗主国 英国)
           1963年           共和制移行
           1966年           オボテ首相によるクーデター(オボテ大統領)
           1971年           アミン少将によるクーデター(アミン大統領)
           1979年           アミン失脚(ルレ大統領)
           1979年           ルレ失脚(ビナイサ大統領)
           1980年           オボテ大統領復帰
           1985年           オケロ将軍によるクーデター
           1986年           ムセベニによるクーデター,ムセベニ大統領就任
           1996年           大統領・国会議員選挙,ムセベニ大統領当選
           2001年           ムセベニ大統領再選,国会議員選挙
           2006年           大統領・国会議員選挙(ムセベニ大統領三選)
           2011年           大統領・国会議員選挙(ムセベニ大統領四選)

 



 

Ⅱ 政治体制・内政

 

1 政体            共和制


2 元首            ヨウェリ・カグタ・ムセべニ(Yoweri Kaguta Museveni)大統領(1944年生まれ) (任期2016年まで)


3 司法            旧宗主国である英国の司法制度を基本とし,1995年に現行の憲法が公布された。
               最高裁判所,控訴裁判所・憲法裁判所,高等裁判所の他,下級裁判所として主要地域に地方裁判所,村落レベルの裁判所がある。


4 議会            一院制。2011年の選挙の結果,同年5月からの議会は直接選挙により選出された238名の選挙区議員と112名の県代表女性議員に

               加え,特定利益グループ代表15名(障害者5名,青年5名,労働者5名),軍代表10名,職権議員13名から構成されることとなった。計

               388名,任期5年。

          主な政党 与党:国民抵抗運動(NRM: 264名),野党:民主変革フォーラム(FDC:34名),民主党(DP:12名),ウガンダ人民会議(UPC:

               10名)等。(無党派:43名)。


5 政府            首相 アママ・ムババジ(Amama Mbabazi) (1949年生まれ)
             外相 サム・クテサ(Sam Kutesa)(休職中)(1949年生まれ)


6 内政
 独立以来,度重なるクーデターにより内政,経済は混乱したが,1986年に成立した現ムセベニ政権がほぼ全土を平定し,世界銀行・IMF,援助国の支援の下で経済再建に取り組んだ。1996年5月,2001年3月に大統領選挙を実施し,ムセベニが再選された。
 2000年6月の国民投票では「国民抵抗運動(NRM)」システムが支持されたが,2003年頃から複数政党制導入への気運が高まり,2005年7月の国民投票で複数政党制への回帰が決定された。一方,同年8月には議会で憲法が改正され,大統領任期制限が撤廃された。これらを受けて,2006年2月に1980年のオボテ政権下以来初めての複数政党制の下での総選挙が実施され,ムセベニ大統領が当選,2011年2月の総選挙で同大統領は68.4%の支持を得て四選を果たした。
 北部地域では,1980年代以降20年に及ぶ反政府組織「神の抵抗軍」(LRA)との戦闘,LRAによる住民襲撃や略奪,児童の拉致が続いたが,ウガンダ国軍による掃討作戦の進展によりLRAは拠点を国外に移した。2006年8月以降,和平交渉の進展と北部地域の治安回復に伴い,一時は200万人近くに達した国内避難民の大半が帰還し,社会の復興・開発が進められている。


7 地方制度     地方自治体(Local Council)はLC1:村(village),LC2:行政教区(parish),LC3:準郡(sub-county),LC4:郡(county),LC5:県(district)

          の5つのレベルから構成される。


 


 

Ⅲ 外交・防衛

 

1 外交基本方針
 善隣友好,非同盟の原則の下に,アフリカ連合(AU)への参加を含めたアフリカ諸国との連携を図る一方,直接投資の誘致の観点から米国・EU等の先進諸国,更にインド,中国等アジア諸国との関係強化に努めている。また,タンザニア,ケニア等との間で地域内協力を推進しており,2001年1月に東アフリカ共同体(EAC)が発足(2006年11月にルワンダとブルンジが加盟し,現在は計5ヶ国)。2005年1月発効したEAC関税同盟が,5年間の移行期間を経て2010年1月に完成した。2009年11月にはEAC共通市場創設議定書に署名し,より広範な市場統合を目指す共通市場が2010月7月から開始された。
 周辺国との間では,2011年7月に独立した南スーダンと良好な関係を築いており,同国の新国家建設・復興需要を反映して同国向け輸出が急増している。ケニアは内陸国ウガンダにとりインド洋(モンバサ港)への交易ルートとなる極めて重要な隣国であり,ヴィクトリア湖上の島の領有権をめぐる争いはあるも,良好な関係を維持している。かつてウガンダ政府軍による軍事介入のため関係が悪化したコンゴ(民)との関係も,信頼醸成のための多国間枠組みの構築により改善されている。また,ソマリアに展開しているAUソマリア治安維持部隊(AMISOM)に対しては,真っ先に部隊を派遣する等,東アフリカの安定に貢献している。


2 軍事力
(1)予算          230百万ドル(ミリタリーバランス2011)
(2)兵役          志願制
(3)兵力          約45,000人(ミリタリーバランス2011)

 


 

Ⅳ 経済

 

1 主要産業     (農) 鮮魚,コーヒー,紅茶,綿花,タバコ
            (鉱) 銅,コバルト,金
            (工) 繊維,タバコ,セメント,砂糖,醸造


2 GNI              165.5億米ドル(2010年,世銀)
            一人当たりGNI:500米ドル(2010年,世銀)


3 経済成長率   6.3%(2010年度,ウガンダ統計局)


4 インフレ率     25.4%(2012年2月,ウガンダ統計局)


5 失業率         N.A.

        
6 貿易額(2010年度,ウガンダ統計局)
(1)輸出         21.12億米ドル
(2)輸入         45.44億米ドル


7 主要貿易品目(2010年,ウガンダ統計局)
(1)輸出         コーヒー・紅茶,石油・同製品,鮮魚・魚加工品,非金属鉱物,鉄鋼,タバコ
(2)輸入         石油・同製品,車両,電話機・録音再生機器,鉄鋼,医薬品


8 主要貿易相手国・地域(2010年,ウガンダ統計局)
(1)輸出          スーダン(18.9%),コンゴ(民)(15.2%),ケニア(13.2%),ルワンダ(8.5%),ア首連(5.6%)
(2)輸入          インド(14.5%),ケニア(11.6%),中国(8.8%),ア首連(8.3%), 日本(6.5%)


9 通貨       ウガンダ・シリング(U.shs)


10 為替レート  1米ドル=2,360 U.shs(2012年2月銀行間レート,ウガンダ中央銀行)


11 経済概況
 独立以来,度重なる内乱により1980年代後半まで経済は混乱したが,1987年以降世界銀行・IMFの支援を得て構造調整政策を積極的に推進し,マクロ経済が安定,サハラ以南アフリカにおいて最も成長率の高い国の一つとなった。包括的な国家開発計画である貧困撲滅行動計画(PEAP)の第1次改訂版(2000年)は,世界銀行・IMFから世界最初の貧困削減戦略文書(PRSP)として認定され,2000年3月に他国に先駆けて重債務貧困国(HIPC)イニシアティブに基づく債務削減が行われた。2004年には第3次PEAPを策定し,特に農産物を中心とした輸出産品の多様化,付加価値の付与を優先課題として貧困削減に向けた一層の努力を行ってきた。2010年4月に成長と雇用創出に一層重点を置いた5か年国家開発計画(NDP)を発表し,2010/11年度から実施している。
 2009年以降成長率は若干鈍化したが,経済は堅調。インフレ率は,2011年4月以降年率20%を超える高い上昇率となっている。

 

 


 

Ⅴ 経済協力

 

1 日本の援助実績(累計 約820億円)
(1)有償資金協力(2009年度までの累積,ENベース)195.40億円
(2)無償資金協力(2009年度までの累積,ENベース)461.42億円
(3)技術協力実績(2009年度までの累積,JICAベース)168.37億円


2 主要援助国(2010暦年支出純額,百万ドル)
①米(266.89),②英(130.39),③EU(114.81),④デンマーク(68.17),
⑤ノルウェー(61.22),⑥日本(52.01),⑦アイルランド(43.83),⑧独(40.76)



 

第6 二国間関係

 

1 政治関係
  1962年10月          ウガンダの独立とともに承認
  1965年3月            在ケニア日本大使館兼轄
  1973年12月          在京ウガンダ大使館開設
  1986年2月            ムセベニ政権を承認
  1987年8月            在京ウガンダ大使館、財政事情により閉鎖
  1994年9月            在京ウガンダ大使館再開
  1997年3月            在ウガンダ日本大使館開設


2 経済関係
(1)わが国の対ウガンダ貿易(2010年財務省貿易統計)
   貿易額   (輸出)       161.1億円
          (輸入)           4.3億円
   主要品目 (輸出)自動車(70.3%),金属(20.1%)
          (輸入)採油用ごま(32.2%),魚介類(22.9%),コバルト(21.9%),コーヒー(10.9%),植物性原材料(8.0%)
(2)日本からの直接投資
   現地法人化された日系企業4社(シャツ・メリヤス加工,自動車・同部品販売,旅行業等)、その他経済協力プロジェクト関連等で本邦企業数社が

   駐在。


3 文化関係
(1)日本から文化無償協力として,マケレレ大学に対する印刷機材(4,980万円,2003年度),国立競技場に対し体育機材(4,800万円,1991年度),国立劇場文化センターに対し照明・音響機材(4,700万円,1988年度の250万円,フォローアップ2011年度)などを実施。


4 在留邦人
  在留邦人数:  325名(2011年10月1日現在大使館登録者数)
 (業種別内訳:  政府関係職員及びその家族181名,民間企業関係者21名,留学生・研究者・教師及びその家族10名,その他95永住者18名)


5 要人往来
(1)往
  1976年                   木村俊夫元外務大臣
  1985年                   森山眞弓政務次官
  1988年                   浜田卓二郎政務次官
  1999年                   鈴木宗男官房副長官
  2002年1月             人口問題議員懇談会(桜井新参議院議員他4議員)
  2004年8月             外務大臣政務官
  2006年7月             小坂憲次文部科学大臣
  2006年8月             日AU友好議連東部訪問団(村田吉隆衆議院議員,北村誠吾衆議院議員)
  2007年2月             浜田昌良外務大臣政務官
  2007年4-5月        UNICEF議連(谷垣禎一衆議院議員,中森ふくよ衆議院議員,山際大志郎衆議院議員)
  2008年8月             参議院ODA調査団(武内則男議員,椎名一保議員,渡辺孝男議員)
  2008年9月             アフリカ貿易投資促進合同ミッション(御法川外務大臣政務官)
  2009年3月             福田康夫前総理(特派大使)
  2009年6月             橋本聖子外務副大臣(第5回アフリカ・アジア・ビジネスフォーラム)
  2009年10月           参議院ODA調査団(木俣佳丈議員,姫井由美子議員)
  2010年7月             西村智奈美外務大臣政務官(AU閣僚執行理事会出席)
  2012年3月             第126回IPU会議国会代表団(西村智奈美衆議院議員,村田吉隆衆議院議員,大西健介衆議院議員,

               早川久美子衆議院議員,田村智子参議院議員)
(2)来(1987年以降)
  1987年                  ムキイビ外務大臣
  1988年                  カブウェジェレ外務担当国務大臣
  1989年                  キセカ首相・カブウェジェレ外務担当国務大臣(大喪の礼)
  1990年                  セモゲレレ外務(地域)担当国務大臣(即位の礼)
  1991年                  キヨンガ大蔵大臣
  1993年10月           ムセベニ大統領・ンカンギ大蔵大臣(TICAD)
  1994年9月             ムセベニ大統領(公式実務訪問賓客)
  1998年2月             カダガ地域協力担当国務大臣(EAC閣僚使節団)
  1998年10月           クテサ計画・投資担当国務大臣(TICAD II)
  1999年6月             ンサドゥ情報担当国務大臣
  2000年6月             カテガヤ第一副首相兼外務大臣(小渕恵三前総理葬儀)
  2001年4月             カテガヤ第一副首相兼外務大臣(大統領特使)
  2001年9月             キヨンガ前保健大臣(感染症対策シンポジウム)
  2001年12月           ワカパブロ第三副首相兼外務大臣(TICAD 閣僚会合)
  2002年4月             ルグンダ水・土地・環境大臣(ナイル流域水閣僚円卓会議) 
  2002年6月             マクブヤ教育・スポーツ大臣
               バソガ情報担当国務大臣
  2003年3月             ルグンダ水・土地・環境大臣,ムタガンバ水担当国務大臣

               ミゲレコ・エネルギー担当国務大臣(水フォーラム閣僚会合)
  2003年9月            ムセベニ大統領,ブティメ外務(経済協力)担当国務大臣,クテサ投資担当国務大臣兼財務・計画・経済開発大臣(TICAD III)
  2003年12月          オタフィレ水・土地・環境大臣
  2004年8月            ンシバンビ首相(鈴木善幸元総理葬儀)
  2004年11月          クテサ投資担当国務大臣,キゴジ投資庁長官(TICADアジア・アフリカ貿易投資会議)
  2005年1月            アリ第一副首相兼災害対策・難民問題担当大臣(国連防災世界会議)
  2005年9月            ミゲレコ観光・貿易・産業大臣(万博賓客)
  2006年8月            ンシバンビ首相(橋本龍太郎元総理葬儀)
  2006年10月          オネック農業・漁業・畜産大臣,ババ副大統領府担当国務大臣
  2007年7月            カムントゥ産業担当国務大臣(オピニオン・リーダー招へい)
  2007年8月            カジュラ第二副首相兼公共サービス大臣(宮澤喜一元総理葬儀)
  2007年10月          スルマ財務・計画・経済開発大臣
  2008年5月            ムセベニ大統領,クテサ外務大臣,スルマ財務・計画・経済開発大臣,ナサシラ建設・交通大臣(TICADⅣ)
  2009年6月            クテサ外務大臣(外務省賓客)
  2009年6月            ムタガンバ水・環境大臣
  2009年9月            ルクンド観光担当国務大臣
  2009年10月          ムウェシゲ農業・畜産・水産大臣
  2010年3月            ムスンバ地域協力担当国務大臣
  2010年8月            オケロ国際問題担当国務大臣
  2010年10月          ムタガンバ水・環境大臣(生物多様性条約COP10等出席)


6 二国間条約・取極
  青年海外協力隊派遣取極(1970年12月)(1999年8月改訂)
  技術協力協定(2005年12月)


7 外交使節
(1)在ウガンダ日本大使 皆川一夫 特命全権大使(2011年5月から)
(2)在本邦ウガンダ大使 ワッスワ・ロッキー・ビリッグワ特命全権大使(2006年3月から)

 

 

 

topこのページの先頭へ戻る

 


Copyright (c) : 2012 Embassy of Japan in Uganda
[法的事項] [アクセシビリティについて] [プライバシーポリシー]